1. 先端巨大症患者の7割超「病気を知らなかった」

    キャリアブレイン (登録) - 11小時前

    アクロメガリー(先端巨大症)と診断されるまで、その病名や病気を知らなかった患者が全体の7割超に上ることが、虎の門病院(東京都港区)とノバルティスファーマの調べで分かった。調査結果を発表した同社のアクロメガリー広報センターは、「患者数が ...

  2. ホルモン注射 短距離に「効果」

    SankeiBiz - 2010年5月21日

    HGHの過剰摂取は、顔面が変形したり、心臓や関節が肥大する末端肥大症を引き起こす可能性がある。長期にわたる乱用は糖尿病を発症する可能性もあるという。 HGHのドーピング検査は、2004年のアテネオリンピックから導入。 ...

  1. 先端巨大症 - Wikipedia
    - [ 翻譯此頁 ]

    先端巨大症(せんたんきょだいしょう、Acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し(=機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。別名、末端肥大症。 ...

    症状 - 統計 - 検査 - 治療方法

    ja.wikipedia.org/wiki/先端巨大症 - 頁庫存檔 - 類似內容

  2. 難病情報センター|先端巨大症 診断・治療指針
    - [ 翻譯此頁 ]

    先端巨大症の原因のほとんどは成長ホルモン(GH)産生下垂体腺腫である。GH過剰 により、特有の顔貌、四肢末端の肥大、骨変形、糖代謝異常、発汗過多、頭痛などの 症状を示す。合併症として、インスリン抵抗性を伴う耐糖能異常、糖尿病、高血圧、 高脂血症 ...
    www.nanbyou.or.jp › HOME診断・治療指針 - 頁庫存檔 - 類似內容

    全站熱搜

    c55s55 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()